本文へスキップ

株式会社プラスナコミュニケーションズは新たな価値をもたらす多様なコミュニケーションサービスをご提供しています。

会社概要COMPANY

プラスナコミュニケーションズが大切にしていること

つながることから生まれる新しい価値を創造する

プラスナコミュニケーションズは、コミュニケーションを通じて、「企業+市場」、「企業+企業」、「企業+人」、「人+人」など、ステークホルダーやモノがつながり、新しい価値を生み出すことを大切にしています。
「つながる」という意味のプラス、そして「さらなる価値を加える」という意味のプラス、私たちの社名にはそんな思いが込められています。

コミュニケーションを事業戦略として考える

情報発信だけではなく、コミュニケーションはステークホルダーとの信頼関係を構築する、顧客の声をタイムリーに収集する、コミュニティの理解を得る、社会課題を共有するなど、事業運営に欠かすことができません。
コミュニケーション機能も事業戦略の一つとして、事業目標や戦略に基づき、または直面する課題を考慮し、コミュニケーションが担える役割を様々な側面から考え、ご提案することも当社の姿勢の一つです。

日本の中小企業や地方創生の力になれますように

日本のモノづくりや中小企業、そして地方産業には、高い技術力や独自文化を背景とした特別の魅力にあふれています。
モノづくりを極めていくひたむきさ、先人から引き継がれてきた知恵や技や美意識、細部にいきわたる工夫の精神など、日本の競争力の源泉の一つがここにあると信じています。
プラスナコミュニケーションズでは、特に中小企業や地方産業にその潜在力を最大限に発揮していただきたいと願い、コミュニケーションの側面からお手伝いしたいと考えています。


会社概要

社名
株式会社プラスナコミュニケーションズ
代表者
西岡 佐知子
本社所在地
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-21-1305
TEL. 03-3702-4945
FAX. 03-3702-4945
設立
2011年 東京都中小企業振興公社の創業支援対象事業に選定され創業
2012年 法人格を株式会社とし、株式会社プラスナコミュニケーションズを設立
事業ビジョン
潜在的な可能性を見つけだし、価値に育てるコミュニケーションを創出する
行動指針
常に顧客の価値拡大を願って業務にあたること
常に社会に対する価値の提供を目指すこと
常に創造性を持ってベストを尽くすこと
常に倫理に基づいた決定と判断を行うこと
常に地球環境への負荷を最小限にするための努力をすること
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 神田支店
その他
日本広報学会 会員

認定NPO法人地域産業おこしの会 会員
NPO法人 「日本で最も美しい村」連合 サポーター正会員


社会活動

プラスナコミュニケーションズでは、プロボノや社会的活動などへの参加を通じて、微力ながらでも社会への貢献ができればと考えています。
東日本大震災の被災地復興支援に関わる活動や、NPO活動への参加や支援、地方の活性化に関する活動など、弊社の事業の専門性を活かした活動を今後も続けて参ります。

東日本大震災の被災地支援に関わる主な活動

宮城県南三陸町 歌津地区 仮設商店街の開設 (2011)




震災で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町の歌津地区は、かつて住民の方々の買い物の場であり、住民同士の交流の場としてにぎわっていた伊里前商店街も津波により跡形もなくなってしまいました。
住民の方々が少しだけでも日常を取り戻せるように、また地域の経済の復興の一歩を歩み出せるように大型テントによる仮設商店街の開設を行いました。
弊社は、ファンディングのための広報活動をご支援させていただきました。

被災地児童の保養施設 「手のひらに太陽の家」(2011〜2014)




「手のひらに太陽の家」は、福島をはじめ、様々な事情で心身のケアを必要とする被災地の子どもたちのための保養施設として、宮城県登米市に建設されました。
弊社はプロジェクト開始時より、ファンディングや支援集めや利用者の募集などを目的とした広報や関連の活動を中心にご支援させていただきました。

ナビゲーション

バナースペース

株式会社プラスナコミュニケーションズ

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-21-1305

TEL: 03-3702-4945
Email:info@plusna.com

お気軽にお問合せ下さいませ。